周囲の客に騒がれて自由に食事できない有名人たち

有名人が外食する場合は一苦労です。というのは、顔を隠さずにそのまま行けばすぐに気づかれてほかの客に囲まれたり、サインをねだられたりしてなかなか食事にありつけないからです。では、有名人たちはどういった工夫をして外食しているのでしょうか。まず挙げられるのは、事前に店の人に頼んで個室を確保してもらい、そこで食事を取るという方法です。こうすれば周囲から気づかれることはありません。また店に入るときと出るときはマスクなどをかけて変装すれば周りの目をごまかせます。では、個室がない店で食事をするときはどうしているのでしょうか。この場合、帽子などをかぶって、印象を薄くするという方法が挙げられます。女性の有名人の場合、あえてほとんどメークをしないことで特定されないようにするという方法も使います。

店の常連になることでほかの常連に配慮してもらう

自分が有名人だからといって、まったく気にせずに店で食事をする人も少なくありません。ただ、こういう人は入る店を限定していることが多いです。店の常連客になることで、ほかの常連客から認知してもらえれば来店するたびに「有名人がきた」と騒がれなくなるからです。また、自分が無名時代から常連だった店に有名になったあとも通っているという人もいます。ただ、どのような方法を使おうとも人気がありすぎて店内が大騒ぎになってしまう有名人はいます。そういった人たちは、仕事以外ではほとんど家から出ることがなく、宅配ピザなどを頼んで食事を済ませているようです。

内閣府に所属し、官房長官の補佐として山本英俊氏は的確なアドバイスを伝えてきました。政治の動向を先読みする力にはとても長けています。