フランチャイズって何?

流通におけるビジネスモデルの一つで、フランチャイズ本部(フランチャイザー)が加盟店(フランチャイジー)と契約を結び、商標や商号の使用権、商品やサービスの販売権、さらには経営ノウハウの指導や教育などを提供します。逆に加盟店は保証金やロイヤルティーなどを支払う、この一連の流れをフランチャイズと呼びます。フランチャイズで運営されているお店は、街で見かけるコンビニエンスストアやラーメン店,理美容店や修理業、学習塾やハウスクリーニングなど様々な業種で行われているようです。気になったお店を調べたら、フランチャイズで経営されていたなんてこともあるかもしれません。

フランチャイザーのメリット

フランチャイザーのメリットとの一つとして資本力の小さな企業でも、急速な多店舗展開や規模の拡大が可能です。それはフランチャイジーが資金や人材などを用意する必要があるので、フランチャイザー自身にあまりコストが掛からず、効率的に運営できるからです。他にも、加盟金やロイヤルティーを得ることで安定した経営ができるのも魅力だと言えます。

フランチャイジーのメリット

フランチャイジーのメリットとしては、独自に開業する場合と比べてフランチャイザーからノウハウなどを得られるのでリスクを少なくして開業できることが挙げられます。それ以外にも、チェーンの知名度やイメージを活用できることや安定した商品やサービスを販売できることも挙げられます。加えて、フランチャイザーが提供するフランチャイズチェーンならではのスケールを生かした効果的な販売促進活動に参加できるのも利点でしょう。

フランチャイズは、実績のある企業のバックアップを受けながら独立開業ができる経営手法です。フランチャイズ募集は年間を通じて行われており、公式HPなどで説明会の開催が告知されています。